ホーム > 遺産相続サポート

遺産相続サポート

遺産相続サポート
突然起こる「遺産相続」のお悩みを、一緒に解決させていただきます!

人生の中である日突然、あなたの頭を悩ませるのが相続の問題です。
そして、その問題は想像以上に難しく、専門家の力を借りないと解決は難しいでしょう。
もし、そんな不安を少しでも抱えておられるようであれば、税理士にご相談ください。
少しでもその不安を取り除く、お手伝いをさせていただきます。

相続前に税理士ができる事

遺言書サポート
遺言書の作成
「遺言書」は、
残される家族への「思いやり」です。


自分がこの世を去る時に、もし自分の財産が原因で親族が争ってしまったら…。
そんな不安を少しでも抱えているのであれば「遺言書」の作成をおすすめします。
自分の意思を明確に伝える事ができるので、遺産分割協議がまとまりやすくなり、残された家族が争うリスクを減らすことができます

遺言書には、遺言者が自筆で全文を書く「自筆証書遺言」と、公証人役場で証人2名立会のもと作成される「公正証書遺言」があります。
「自筆証書遺言」のメリット
  • 遺言者が手軽に作成できる。
  • 低いコストで作成できる。
  • 周囲に内緒で作成できる
「公正証書遺言」のメリット
  • 公的な証書として認められる。
  • 家庭裁判所での検認手続が不要。
  • 相続開始後に、すぐ遺言内容を執行できる。
  • 偽造の恐れがなく信憑性が高い。
遺言書サポートにあたって、税理士がお手伝いできること
  • 1.節税を意識した内容で遺言を残せます。
  • 2.実際に相続が発生した後も、相続税の申告書作成などのサポートも可能です。

生前対策

生前対策
相続税を事前にシミュレーション!しっかり対策をしておけば怖くありません!

相続税は、突発的に発生するので、その対処法にも困る方が多いでしょう。
しかし、事前にシミュレーションを実施し、節税対策さえしっかりしておけば安心です。

自分の資産がどれだけのものなのか、親の財産がどれくらいあるのかなど不安に感じる事があれば、一度税理士にご相談ください。
生前対策の流れ

 1  試算
相続税を試算して、まずは現状を知りましょう。

 2  レポートの作成
試算結果を見ながら、どのような生前対策が有効かをシミュレーションします。
所有している土地の評価や生命保険の契約内容などに見直しの余地はないかなど、レポートを作成させていただきます。

成年後見

遺産を残す方が、認知症であったり、障害を持っていて財産を管理する能力が低下していると認められる方に関しては、「成年後見人」を選任する事ができます

すでに判断能力が著しく低下しているという場合は、「法定後見制度」を使用して成年後見人を選任できますが、まだ判断能力が低下してしまう前でも「任意後見制度」を使えば、成年後見人を事前に決定しておく事ができます
その場合、資格は必要なく、身内でなくてもなれるので、税理士に財産管理を依頼する事もできます。

遺産を相続する身内がたくさんいて、親族間で揉めたくない方には有効の方法ですので、是非一度ご相談ください。

相続発生後の税理士によるサポート

相続手続・名義変更サポートパック
身内の方が急にお亡くなりになり、残されたものや財産はどのように手続きをすればいいのか、すぐに理解するのは難しいでしょう。
そんな方は、是非税理士にご相談ください。

相続税の節税も含め、最適な手続きを一括で対応させていただきます。
相続発生から相続税申告までの流れ

 1  相談・依頼・面談・契約
まずは、お気軽に税理士にご相談ください。しっかりお話をお聞かせいただき、当事務所ができる事をご説明させていただきます。その後、必要書類などを見せていただきながら面談をさせていただいた後、双方同意の上でご契約まで進みます。

 2  概要の把握と評価
まず、相続が発生したら、預貯金や有価証券の手続きも封鎖されてしまう前に手続きを行いましょう。その後相続税申告に関する書類を収集し、財産や債務などの概要の把握と評価を行います。相続税概算税額が算出されたら、生前に贈与された財産や納付財源の確保、納付方法の検討も必要です。相続税の放棄も視野に入れて、最善の方法をご提案します。

 3  準確定申告
不動産所得や事業所得を所有する被相続人の場合、4ヶ月以内に確定申告をする必要があります。これを準確定申告といいます。

 4  財産一覧の整理
相続の対象となる財産を一覧にして整理します。土地・建物の財産がある方は、評価・鑑定も行います。

 5  遺産分割
相続人の確定や、財産の評価が終われば、遺産分割です。
内容によっては、将来的な観点からも配慮して分割協議書を作成させていただきます。
ここで、現金納付、延納や物納などの納付方法の検討も行います。

 6  申告手続き
分割協議書にご同意いただき、署名・捺印が終わると、正式な申告書を作成します。
相続人に申告書の内容をしっかりご説明させていただき、ご納得いただいた上で、申告と納税をしていただきます。

相続が発生した場合に税理士ができる事
・相続税の申告から税金の節税に関してサポートできます。
(土地評価額により相続税は変わります)
・2次相続を想定してのご提案まで可能です。

相続税の申告

相続税の申告作業を税理士がサポートいたします。
相続税申告業務の内容
  • 1.財産の評価
  • 2.遺産分割協議書の作成
  • 3.相続税申告
  • 4.税務調査の対応
相続税申告の費用(目安)
相談ケースにより様々になる為、一度ご相談下さい。

生前贈与

「相続時精算課税制度」をご存じですか?

「相続時精算課税制度」とは、65歳以上の方が、20歳以上の子どもへ行う生前贈与に適用される制度です。贈与する財産に対する贈与税が軽減されます。更に死後に発生する相続税は、生前贈与の財産とその他の相続財産を合計した価格を基に計算した相続税から、支払い済みの贈与税額を精算することができます。
生前贈与を行うことで、死後の相続時のトラブルを回避しやすくなるでしょう。

生命保険

生命保険は、ご自身の健康や生活の安定を考えて加入する事が多いですが、相続の事を考えた対策としても注目されています。
生前に、子どもを受取人として生命保険に加入しておけば受取人を指定しているので、トラブルになるリスクを軽減することができます。
ただし、生命保険は相続財産にはなりませんが、相続税の対象にはなりますので注意が必要です。
当事務所のアプリ始めました